TOEICを受けるメリット

英語の試験でよく聞くTOEIC、実際このテストを受けて何かメリットがあるのでしょうか。答えは、「あります」。なぜかというと企業はこのテストの結果の点数を大変重視しているからです。採用の際にも見られますし、そこで働き始めてからもテストの点数がそのまま出世の条件になる企業もあります。そもそもこのテストは英語でのコミュニケーション能力を点数に表しているものなのですが、「英語がしゃべれます」「海外での生活経験があります」ということより「TOEICの点数が900点あります」の方が重宝されるのです。社会的な証明として英検よりもこちらのテストの方がメジャーになっているのも注意すべき点です。テスト自体出題の仕方に癖があるのでそこに対策をたてた勉強の仕方をすれば簡単に点数を上げることができますので、難しく考えず受験をしてみるのがいいでしょう。

TOEICで就職を有利に!

社内公用語に英語を採用している日本企業が話題となっています。社会における英語の必要性が高まり、企業の75%が業務で英語を使用する中、TOEICスコアを英語能力の基準として採用しています。TOEICとは英語を母語としない人のための「国際コミュニケーション英語能力テスト」としてアメリカの機関が開発したテストで、合格不合格といった基準はなく10点から990点のスコアで評価されます。一般新卒者の平均スコアは400半ばですが、スコアを持っているからといって就職や転職の際に履歴書に中途半端なスコアを記載してはかえってマイナスな印象を与えてしまいます。一般企業が示すスコアの最低ラインは600点ほどで英検でいうと2級以上、通常会話を行うことができるレベルです。そして750点以上あれば国際部門のある企業で働ける可能性も広がります。就職、転職に有利なTOEIC。自分の可能性を広げたいならぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

TOEICを受験するメリット

TOEICとは、英語でのコミュニケーション能力を評価するための、世界共通のテストのことをいいます。英語力を求める企業などの中には、採用選考の際の目安として、TOEICのスコアを用いて評価しているところが多くあります。TOEICは自分の現在の英語力はどれくらいの実力があるのか知ることができます。受験をするとスコアが分かるので客観的に自分を見ることができ、どれくらいの英語力があるのか把握することができるのです。これは受験をするメリットの一つといえます。スコアは自分自身の英語力を証明することができるものなので、スコアが高ければ高いほど、進学や就職・転職などの際に自分をアピールする材料になります。高いスコアを獲得するためには毎日の勉強が大切です。効率よく勉強したいのであればスクールに通ったり、通信講座を利用してみるのもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*